weeds株式会社 ブラック企業

目次

weeds株式会社 ブラック企業

以上に挙げた、見抜き方の他にブラック企業を知る方法があります。それは、厚生労働省が公表している「労働基準関係法令違反に係る公表事案」です。労働基準法違反で送検された企業を1,000社掲載しており、通称「ブラック企業マップ」と言われています。
転職しようと考えている企業がブラック企業であるかどうかを調べるために、このブラック企業マップを見るのも一案です。

ブラック企業は社員を仕事道具のように扱う傾向にあります。1人当たりの仕事量を大きく上回る無理なノルマを課すことも珍しくありません。
ノルマ未達成に対するペナルティがあったり、成績によって給料が大きく変化したりする場合は、悪質です。

過労死ラインを超えた労働を強いられたり残業代が出なかったりすれば、当然、労働者は離れていきます。それが離職率の増加に繋がっていきます。離職率の高さがブラック企業である可能性が高いことを間接的に示しているのです。
一般的には、入社後3年以内に離職した労働者の割合が30%を越えていれば、ブラック企業と見なされる可能性が高いと考えられています。

上司の権力を悪用して理不尽な要求をするパワハラや、異性に性的な嫌がらせをするセクハラが、まかり通っている職場があります。このような職場もブラック企業の特徴の1つです。

「アットホームな職場です」というキャッチコピーを使用している企業はブラック企業のサインかもしれません。
というのも、社内の規律が緩かったり、道理より無理が押し通ったりする雰囲気を「アット―ホーム」というプラスのワードに変換している可能性があるためです。
実際に働いてみると、所定労働時間を超えた労働が蔓延していたり、パワハラ等の非人道的な指示が上司から飛んできたりするケースが少なくありません。

過酷な労働条件を強いられているブラック企業では、従業員が疲弊している等、どんよりとした雰囲気が漂っています。人間関係が良好ではなく、先輩や同僚に話かけづらいというケースも間々あります。

従業員が辞めれば、もちろん人員が不足します。このような背景から、ブラック企業では、引き継ぎをきちんと済ませて真っ当な辞め方をする人も少なく、緊急で人材が必要になります。
学歴や経歴、資格などは必要とされないことがほとんどです。求職者をいちいちふるいにかける余裕が無いのです。採用基準は至ってシンプル「ウチの会社で耐えられるか」です。

「うちは労働基準法を採用していないから」という理由で休日を与えなかったり、不当に残業させたりしている企業があることが、過去のSNSで話題になりました。
そもそも労働基準法は、労働者の権利を保護するために定められた制度です。企業が労働基準法を採用するか否かの決裁権はありません。全ての労働者に労働基準法が該当するのです。
労働基準法を採用していないことを理由に不当に残業をさせている企業はブラック企業の可能性があります。

現在、就職活動中の方は、是が非でもブラック企業は避けたいと考えているでしょう。
実は、「求人情報」「ネットの情報」「調査」「面接」からブラック企業を見抜くことが出来ます。
それぞれ説明させていただきます。

過酷な労働を強いるブラック企業は多く存在します。今回は、そんなブラック企業の特徴と見抜き方にフォーカスを当ててみました。
転職を考えている方は、今回ご説明したブラック企業の見抜き方を元に、怪しい企業に近づかないようにすることをお勧めします。

ネットだけで見抜くことが難しい企業もあるかもしれません。その場合は、調査に出向きブラック企業かどうかを見抜くのも一手です。

ブラック企業では、休日でも上司に電話で呼び出されて仕事をさせられる等も珍しくありません。労働者を一人間としてではなく、利益を上げるためにコマとして扱っている姿勢が見えると言えるのではないでしょうか。

今度は、一歩進んで、面接を受けた時点で分かるブラック企業の特徴について、見ていきましょう。

会社には様々な重要書類が保管されています。顧客情報や取引先の情報等の機密書類は厳重に管理しなければなりません。
しかし、ブラック企業の場合、機密書類が誰の目にも触れるような場所に置いてあったり、他の文書に紛れていたりと管理がずさんな傾向にあります。

リサーチする中で見つけることが可能です。その中で商品やサービスの安さを売りにしている企業はブラックの可能性が考えられます。
商品やサービスが安価だと粗利益も少なくなります。それは、人件費の削減に影響し、社員の給与の圧迫にもつながります。

労働基準法では、労使間(労働者と会社の間)で労働条件等を明記した雇用契約書を交わさなければならない、という内容の規定があります。
しかし、ブラック企業では雇用契約書が交わされていないのが往々にしてあります。

株式会社weedsのアルバイトをお探しですか?

求人情報欄に「やる気のある人を求む」「情熱を持って仕事に取り組めます」といったように、「やる気」「情熱」等のメンタルワードが頻繁に使われている求人情報を掲載している企業はブラックの可能性があります。
精神論で従業員を鼓舞して過酷な労働を強いる傾向にあるためです。

■大きな目標を掲げている
「〇〇業界で世界一を目指している」といったように、大きな目標を掲げている会社もブラックの可能性があります。というのも、大きな目標を見ている人は、上を目指しているだけに、肝心の足下で働く社員の状況が見えていない傾向にあるのです。
そのため、社員が過重労働させられている可能性があります。

冠婚葬祭で休むことも出来ないのがブラック企業の特徴でもあります。確かに、法律では冠婚葬祭の場合は、休まなければならないという規定はありません。しかし、ブラック企業では、冠婚葬祭は休ませてあげよう、という社員への思いやりに欠けている傾向にあります。

厚生労働省では、長時間の残業によって健康障害が起こりやすい残業時間数を定めています。これを、過労死ラインといいます。
過労死ラインの月80時間を超える残業を強いられているようであれば、ブラック企業といえるでしょう。過労死ラインを超える労働が6ヶ月続き、死亡した場合に過労死との関連性が強いとされています。

休日に、上司からゴルフ等の趣味に付き合わされるのもブラック企業のあるあるです。また、上司が飲み会を開催する際に部下全員が参加を強要されるケースもあります。

厚生労働省が発表している「就労条件総合調査結果の概要」によれば、労働者1人あたりの年間休日の平均は、113.2日になります。すなわち、年間休日105日は少ないといえます。
求人情報で年間休日が少なく記載しているのであれば、休日が異様に少ないブラック企業かもしれません。

一般的に面接から採用の連絡がくるまでには3日から1週間かかります。もし面接の時点で採用されるなど、面接から採用に至るまでが早いのは、裏を返せば、人員確保が急務になるほど人不足になっていると言えるでしょう。ブラックの可能性が考えられます。

ブラック企業の研修は、社員を追い込む洗脳型研修を行う傾向にあります。
例えば某有名会社が、新人研修で、24キロを4時間で歩くという歩行訓練を何度もやらされたことで障害が残った、という事件が挙げられます。
他にも、路上で見ず知らずの人と名刺交換をさせたり、手当たり次第に飛び込み営業をさせたり等、根性を試すようなことが洗脳型研修に挙げられます。

また、入社してから短期間で管理職になる傾向があります。これは、前述の若手が少ないというブラック企業の特徴が背景にまっています。

社内で重要事項を決定する際や、上層部が社員を叱責する際に「テープを回していないか?」と確認するようなブラック企業もあるようです。ブラック企業は自社が法的に不当な行為をしている自覚がある傾向にあります。
そのため、会社はテープにとられる等の不利になる証拠を残されることを危惧するのです。

リサーチしたい会社の近隣住民から情報の聞き取りを行うのもブラック企業であるかどうかの一つの判断材料になるでしょう。

「仕事も遊びも全力投球」と謳っている求人もブラック企業の可能性があります。その謳い文句からは、労働基準法に捉われることなく仕事に取り組んでいる姿勢が見て取れます。
いざ入社したら、全力投球という名の無理を強いられ、過重労働や到達出来そうにないノルマを課される可能性が考えられます。

ブラック企業は体育会系が多く、上下関係に厳しいのも特徴です。それゆえ、上司や社長からの命令に対し絶対服従をさせられる傾向にあります。
無論、目上の人を敬う気持ちは大切ですが、行き過ぎた姿勢はパワハラ等の原因になります。

求人情報からブラック企業かどうかを読み取れることが出来ます。
具体的に以下に挙げるポイントを見てみましょう。

全出の通りブラック企業は離職率が高い傾向にあります。そのため勤続年数が浅いうちに辞めてしまう社員が続出します。結果、若手社員が少なくなるのです。

始業時間より少し早めに出社するのは当然ですが、ブラック企業では始業1時間前出社を強要するケースがあります。始業前に出社したとしても時間外手当が支給されることはありません。

同族経営の会社には、労働環境がよくないブラック企業が紛れています。特に、経営陣が全て同族の場合は要注意です。他の社員の意見は受け入れず、結局は創業者一族の意向だけで会社を運営しているような会社があります。

ブラック企業では、休日だけでなく有給休暇の取得もままなりません。有給休暇を取得しようとする労働者に対し、ブラック企業は拒否をする傾向にあります。
事実上、有給休暇の取得が不可能になっているのです。

一般的に、従業員は企業に勤めると社会保険に加入します。社会保険は、会社と従業員が折半で負担をします。
しかし、負担を避けるために、社員が全額負担をする国民健康保険に加入させる会社が少なくありません。そのような企業はブラック企業の可能性が考えられます。

残業のことを聞いたとき、「全くありません。」「発生しても月に3日以内」といった明確な回答がある場合は、比較的、その企業は残業が少ないです。
しかし、「時期によって多い時もある」「職種や担当プロジェクトによる」という、曖昧な答えが返ってくることもあります。この場合は、残業過多のブラック企業かもしれません。

理不尽なことを正そうとしても、「皆やっているんだから」「先輩もそうしてきたんだから」という根拠のない主張で押し通すような会社は、限りなくブラックに近いグレーでしょう。
例えば、有給休暇をとろうとしたときに、「みんな有給をとってないのだから、君も取るな」と言われるようなケースです。

全従業員の人数に対して、アルバイトの比率が非常に高い会社はブラック企業の可能性が考えられます。そのような企業は、安い賃金で責任ある仕事を、労働者に押し付けている可能性があります。アルバイトが多い職場が全てブラックとは限りませんが、そうしたケースがあることは、心に留めておきましょう。

ブラック企業ではトイレに行くことさえも、上司の許可が必要なケースがあります。それだけ、ブラック企業は社員の自由を奪い、道具のように扱うのです。
また、飲み物を飲むことさえも許可が必要なケースがあります。水分は人間のとって必須です。にも関わらず、許可がないと飲めないのはもはや人扱いされていないと言えるでしょう。

企業によっては、墓場部署というものがあります。これは、「そこの部署に異動になったら辞めなければいけない」と暗黙のルールで認識された部署のことです。
一部のパワハラ上司が、墓場部署に異動させる権限があるような場合は、ブラック企業といえます。

「ブラック企業」は、労働者に劣悪な労働環境を強いる企業を表すワードとして、近年使われるようになりました。
2012年からは、「ブラック企業大賞」という、ブラック企業の頂点を決める不名誉な企画が、毎年行われています。ランキング方式で会社名が発表されるため、どこの企業がブラック企業とされているのかを知ることが出来るのです。

また、ブラック企業は社内の雰囲気が殺伐としており、社員同士の中が悪い傾向にあります。その空気は社員の素行の悪さに繋がり、タバコの吸い殻が落ちていたり、ゴミが落ちていたり等があります。それにより近隣から煙たがれる可能性もあります。

ブラック企業では、社員を育てるのではなく、使い捨てにする傾向があります。労働環境が良くないことや離職率が高いことは、企業側も把握しているのでしょう。そのため、「社員を、在籍しているうちに使い倒す」という風潮があります。

入社後、社員に対し一定の試用期間を設けている会社も多いです。ブラック企業は、この試用期間を意図的に長くしているという特徴があります。というのも、試用期間中は人件費を安く抑えられるメリットがあるためです。

役に立ったらシェアしてください!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる