株式会社トップ ブラック企業

目次

株式会社トップ ブラック企業

若さが売りの会社
求人情報やWebサイトで、経営陣や社員の若さを売りにするのも、ブラック企業の特徴の一つだといえます。本当に業績があり、将来性のある事業を展開している会社なら、年齢に関わらず事業内容や各部門での実践、商品・サービスの特徴を強調して提示しているでしょう。若さを強調するということは、「若さしか売りにするものがない」という可能性があります。

エンタメのホワイト企業
74位(98位):任天堂株式会社(ゲーム会社)
81位(85位):株式会社マルハン(パチンコ)今回のランキングでは、エンタメ業界は激減した。需要の問題もあるが、生産性の高い企業群がポイントを伸ばしたことが大きな原因である。なお、多くのホテルがコロナで苦境を呈しているが、ファンがしっかりといるミリアルリゾートホテルズは今年大幅に順位を上げることとなった。今年は小売・ホテル・マスコミ業は一社も100位以内に入らなかった。コロナ禍での需要減退もあるが、給与の割に労働環境が悪いということが挙げられる。しかし、業界自体は停滞している中でも人気は根強く高倍率となっている。これらの業界を志望する場合は、他業界との併願をすることをお勧めしたい。さもなければ、多くの就活生は無内定で終わることになるからだ。

補足2:「大企業=ホワイト企業」「中小企業=ブラック企業」ではない!一般的に「大企業はホワイト!中小企業はブラック!」というイメージが強いが、大企業でも激務でブラックな会社はあるし、中小企業でもホワイトな会社は存在する。ホワイト企業かどうかは会社の規模の大きさよりもビジネスモデルや業界特有の慣習に大きく影響を受けるので、そこを見極める目を養っておくと自分の人生を豊かにすることにつながるだろう。

.株式会社イシダの評判は?激務?残業時間や休日出勤率はどれくらい?.「株式会社イシダの採用担当です。不安なら入社を辞退しても差し支えありません」って書かれたらあな…

ブラック企業の中でも、営業部門に多い特徴は、自社の商品やサービスを、自腹で購入させられることです。売り上げを出したい部門の上長が、「今なら社員割引が使える」といって社内を周り、購入を迫られます。新人には「会社の意識を高めるためにも購入するべき」と、半ば強制的に購入させられることもあるでしょう。また、自分で購入しなければ達成できないようなノルマを課されることもあります。

ブラック企業では、募集要項や企業理念などに、「やる気」「情熱」「成長」といったポジティブ感情に強く訴え掛ける言葉が多いことも特徴です。理由は、入社後の過酷な環境にも耐えられる人物を求めているためでしょう。「やる気が試されている」「情熱があれば越えられる」「今回の試練が次の成長につながる」といった言葉ばかり並べられ、不利益な要求を突き付けられます。
また、明確なマニュアルや指導なく、精神論だけで業務を教えがちなことも、ブラック企業の特徴です。通常、就労中のOJTや指導は、マニュアルや先輩からの情報共有、技術指導を通して行われます。しかし、ブラック企業ではマニュアルも情報共有も十分でないまま、精神論だけが声高に叫ばれるようです。ベテラン社員たちが、自分たちの席を奪われないように、業務の情報や技術を独占し、若手を育てる気がないことを表しています。

自動車・機械関連のホワイト企業
27位(120位):シュルンベルジェ株式会社(油田探査・計測機器)
36位(30位):トヨタ自動車株式会社(プリウス、レクサスなど)
71位:ソニーグループ株式会社(総合電機)
73位(200位):東京エレクトロンテクノロジーソリューションズ株式会社(精密機器全般)
78位:日星電気株式会社(シリコン・樹脂などの素材)
84位(130位):エーエスエムエル・ジャパン株式会社(半導体製造装置)
87位:株式会社テクトロニクス&フルーク(電子計測器)
88位:デル・テクノロジーズ株式会社(総合電機)昨年に引き続き、自動車関連企業は激減している。コロナ禍での買い控えはなくなり、需要は増えているが、世界的な半導体や電子部品不足による自動車の減産という要素が非常に大きい。半導体や電子部品の不足の背景にはデジタル化による需要増があり、世界的に品薄だ。その観点から、半導体関連メーカーや電子部品・精密機器メーカーは好調となっている。電子部品系は種類が多く企業研究と軸づくりが非常に難しい。面接では「なぜ電子部品のか」「なぜ電子部品or半導体orテスター…etcなのか?」「その中でなぜ当社を志望するのか」といったことが聞かれる。そのため、これらに対応できることが内定の条件となることを覚えておこう。

就職や転職を考えている方の多くは、ブラック企業には入社したくないと考えているでしょう。ここでは、入社前にブラック企業の特徴にあてはまる企業かどうかを見極めるポイントを解説します。入社してから大変な思いをする前に、確認しておきましょう。

会社のWebサイトや求人情報、パンフレットなどに記載されている事業内容が曖昧な会社は、注意が必要です。ブラック企業の特徴として、労働者の使い捨てを行うことが挙げられます。事業内容や部門にきちんとした取り決めを持たずに、利益のためなら何でも社員にやらせる、というスタンスをとっているようです。何をしているかよく分からない会社や、あえて曖昧な表現にしている会社は、ブラック企業である可能性が高いでしょう。

23位(52位):ベイン・アンド・カンパニー・ジャパン,Inc.(戦略コンサル)
40位:ガートナー ジャパン株式会社(リサーチ)
46位:インクグロウ株式会社(経営コンサル)
50位(39位):ケンブリッジ・テクノロジー・パートナーズ株式会社(ITコンサル)
54位:アクセンチュア株式会社(総合コンサル)
72位:株式会社構造計画研究所(エンジニアリングコンサル)
85位(121位):株式会社ライズ・コンサルティング・グループ(総合コンサル)
86位:NGB株式会社(知財コンサル)
96位:株式会社ビッグツリーテクノロジー&コンサルティング(ITコンサル)
97位(93位):アバナード株式会社(ITコンサル)今年は昨年にも増して多くの会社がランクインした。経営の先行きが不安定になるとコンサルの仕事は増えるものだ。コンサルティング会社は全般的に給与が高い傾向にあり、クライアントに提案をすることが学生からすると「かっこいい」と映るため、例年人気で倍率は高い。しかし、経営コンサルなどを行う難関企業は多くの学生にとって新卒での入社は困難だ。旧帝大や早慶の学生が殺到する中で、ハイレベルな集団の中で頭一つでなければ内定できないからだ。就社を希望する場合は、コンサル会社で働く社会人とディスカッションを重ね、基礎力を高めることが必要だ。

ブラック企業がどうかを見極めるのに、手っ取り早い方法は、インターネットで口コミや評判を調べることです。ブラック企業で辛い思いをした人は、その経験を口コミサイトや掲示板などに投稿しているでしょう。すべてを鵜呑みにする必要はありませんが、参考にしてください。転職サイトでも、社員インタビューや社長メッセージなどが確認できます。また、転職サイトごとに掲載内容が異ならないか、チェックすることも大切です。
しかし、企業規模の小さい会社や設立間もない会社などでは、インターネット上の情報が少ないこともあるでしょう。そういった場合は、自分で直接確かめるのも手です。終業時間ころにオフィスを訪れれば、帰宅している社員の様子を観察できるでしょう。残業が慢性化している会社では、定時に退社する社員は少なく、夜遅くまで電気が点いています。こういったことがないか、自分の目で確かめてみると良いでしょう。
採用担当者に直接電話で連絡を取り、会社見学を申し込むこともおすすめです。電話対応が適切か、風通しの良さそうな雰囲気があるかなど、自分で気になることを確かめておきましょう。
会社見学や面接では、社員の態度や服装もよくチェックしてみてください。話し方や態度が高圧的であれば、ハラスメントが横行している会社である可能性があるでしょう。また、身なりが乱れている社員が多い場合、心身が疲れ切ってしまうような働き方をしていると考えられます。社員同士の会話が、ネガティブなものや業務に全く関係ない話題でないかも、チェックのポイントです。

ブラック企業では、新卒や中途入社してきた若手が、早々に管理職になる傾向があります。先述のとおり、劣悪な環境では、人員を増やしても短期間で退職する人が多く、若手の人材が不足しているでしょう。そのため、管理職世代の高齢化にともない、空いたポジションに若手が投入されていくようです。若手の先輩が少ないことも、ブラック企業の特徴といえるでしょう。

16位(11位):旭化成株式会社(化学全般)
31位(135位):スリーエムジャパンイノベーション株式会社(化学全般)
70位(63位):帝人株式会社(合成繊維)
77位(184位):デュポン株式会社(化学全般)
89位(11位):ポリプラスチックス株式会社(エンジニアリングプラスチック)今年は産業向けの需要が回復し、化学系メーカーが盛り返してきた。この業界はホワイト企業が多く、旭化成の平均年収は923万円、帝人は943万円、外資系の企業も平均1000万円弱であり、高待遇の会社が多い。そのぶん選考倍率は高く、理系学生および大学院生の間でさえ例年熾烈な戦いが行われており、大手企業の研究職では旧帝大でも一握りしか受からない。また、文系総合職も4,5人しか採用しない会社が多いため非常に高倍率である。入念な対策なしでは通過は困難である。

新人研修がブラックなのですが辞めるのは我慢すべきですか?

現在、SMCで働いています。
SMCはブラックではないです。どちらかというとホワイトよりの企業ですね。
年間の休日は少なめですが、しっかりと土日は休むことができます。
また残業に関してはそれほど多くないです。よほどのことがない限り毎日2時間程度ですね。
企業としても、残業はダラダラしないという文化があります。
ワークライフバランスは完璧だと思っています。
ちなみに、制度は月最大45時間と決まっており、年間は360時間までとなっています。
有給休暇もほとんどの場合、希望日に取得することができます。
仕事内容自体もそこまで激務ではなく、比較的楽な方だと思います。
営業は代理店がしっかりしているので、営業が何もしなくても特に問題は起きないですね。
ただ営業の場合は、ゴルフや代理店と会社の懇親会などでプライベートが削られることが多々あるそうです。

さて、いかがだっただろうか。この記事では、ホワイト企業を見分けるためのポイントや一流ホワイト企業ランキングについて解説したが、その倍率の高さに驚いた人も多かったかもしれない。ブラック企業であれば労働条件の悪さから離職率が非常に高くなるので、採用も数百人単位で行うため入社が簡単だが、一流ホワイト企業では人が辞めないため厳選採用になり倍率が高くなるのだ。実は日本企業の8割以上はブラック企業と言われており、真のホワイト企業は2割もない。そのため、もしあなたがホワイト企業に入りたいのなら、ホワイト企業からの内定を得るための準備と対策を早急にきちんと行い、基礎能力を高めていくしか方法はない。大学受験と同じように、少なくとも3ヶ月〜半年前、できれば2年生や1年生のうちから事前にきちんと対策をした人のみがホワイト企業に入り、裕福な生活を手にできるのが社会の真実である。そこでオススメなのが、一流・ホワイト企業内定率No.1の就活塾ホワイトアカデミーだ。ホワイトアカデミーは就活特化のビジネススクールのため、ホワイト企業に内定するための基礎力を要請することができる。加えて、各業界で現役で働いている先生からその業界に内定するためのアドバイスももらえる。もちろん、あなたに合ったホワイト企業を見つけるための企業分析も一緒にできるし、ESや面接の対策にも対応しているので、一流企業ホワイト企業に内定して充実した人生を送りたい人はぜひ一度無料相談会に来ることを検討してほしい。
⇒ホワイトアカデミーの公式サイトはこちら
あなたが納得のいく就活をできることを祈っている。

ブラック企業で社内の問題が改善されない理由は、規則が明確になっていないためです。就業規則や賃金規定が曖昧で、明確に定まっていないため、改善のしようがないパターンがあります。ルールがあっても、社員には広まっていない、あるいは管理されていないということもあるでしょう。労務管理もされておらず、経営陣が長時間残業や休日出勤の実態を把握していないことも考えられます。これらの特徴をもつ企業は、ブラック企業といって良いでしょう。

ブラック企業だと感じたら、早めに退職するのも手です。労働基準監督署や合同労働組合に相談することで、会社を改善することが見込めますが、時間が掛かります。仮に会社がホワイト化しても、告発をした人というレッテルを貼られ、人間関係に苦労する可能性もあるでしょう。
ブラック企業の特徴を実感し、これ以上ここにいるべきでないと判断したら、退職や転職を検討してください。心や身体を壊す前に、退職したほうが安全だといえます。

化学・セメント・素材関連のホワイト企業
16位(11位):旭化成株式会社(化学全般)
31位(135位):スリーエムジャパンイノベーション株式会社(化学全般)
70位(63位):帝人株式会社(合成繊維)
77位(184位):デュポン株式会社(化学全般)
89位(11位):ポリプラスチックス株式会社(エンジニアリングプラスチック)今年は産業向けの需要が回復し、化学系メーカーが盛り返してきた。この業界はホワイト企業が多く、旭化成の平均年収は923万円、帝人は943万円、外資系の企業も平均1000万円弱であり、高待遇の会社が多い。そのぶん選考倍率は高く、理系学生および大学院生の間でさえ例年熾烈な戦いが行われており、大手企業の研究職では旧帝大でも一握りしか受からない。また、文系総合職も4,5人しか採用しない会社が多いため非常に高倍率である。入念な対策なしでは通過は困難である。

高過ぎる給与も要注意
低水準な給与が危険な一方で、高過ぎる給与も、ブラック企業である可能性があります。ハードな働き方を要求されるでしょう。また、ブラック企業がゆえに人手が不足していて、高給を掲げないと応募が集まらないという問題を抱えている可能性も考えられます。

アルバイト先(飲食店・コンビニなど)で職場環境が悪い状況をブラックバイトと呼び、無茶なシフトで体を壊す、バイト代が振り込まれない等で警察沙汰になったケースもあり…

4位(47位):エミレーツ航空会社(航空)
65位(56位):日本郵船株式会社(海運)
91位(90位):フェデラルエクスプレスジャパン合同会社(国際総合貨物輸送)国内と海外共に、物流需要は回復傾向である。100位以内には主に国際物流の企業が多かったが、国内の巣籠による配送ニーズは過去最高だ。また、旅客の需要も少しずる回復している。日本航空は12月10日、2023年度のCA採用について「再開を考えたい」と述べている。

補足2:「大企業=ホワイト企業」「中小企業=ブラック企業」ではない!

27位(120位):シュルンベルジェ株式会社(油田探査・計測機器)
36位(30位):トヨタ自動車株式会社(プリウス、レクサスなど)
71位:ソニーグループ株式会社(総合電機)
73位(200位):東京エレクトロンテクノロジーソリューションズ株式会社(精密機器全般)
78位:日星電気株式会社(シリコン・樹脂などの素材)
84位(130位):エーエスエムエル・ジャパン株式会社(半導体製造装置)
87位:株式会社テクトロニクス&フルーク(電子計測器)
88位:デル・テクノロジーズ株式会社(総合電機)昨年に引き続き、自動車関連企業は激減している。コロナ禍での買い控えはなくなり、需要は増えているが、世界的な半導体や電子部品不足による自動車の減産という要素が非常に大きい。半導体や電子部品の不足の背景にはデジタル化による需要増があり、世界的に品薄だ。その観点から、半導体関連メーカーや電子部品・精密機器メーカーは好調となっている。電子部品系は種類が多く企業研究と軸づくりが非常に難しい。面接では「なぜ電子部品のか」「なぜ電子部品or半導体orテスター…etcなのか?」「その中でなぜ当社を志望するのか」といったことが聞かれる。そのため、これらに対応できることが内定の条件となることを覚えておこう。

転職を検討する際には、ぜひハタラクティブへご相談ください。ハタラクティブは、若年層や第二新卒の転職を得意とする転職エージェントです。「新卒でブラック企業に入社してしまい、短期間で離職してしまった」というように、経歴に自信がない方の転職をサポートしています。「転職するか迷っている」「会社が辞めさせてくれなくて困っている」という方も、お気軽にご相談ください。

74位(98位):任天堂株式会社(ゲーム会社)
81位(85位):株式会社マルハン(パチンコ)今回のランキングでは、エンタメ業界は激減した。需要の問題もあるが、生産性の高い企業群がポイントを伸ばしたことが大きな原因である。なお、多くのホテルがコロナで苦境を呈しているが、ファンがしっかりといるミリアルリゾートホテルズは今年大幅に順位を上げることとなった。今年は小売・ホテル・マスコミ業は一社も100位以内に入らなかった。コロナ禍での需要減退もあるが、給与の割に労働環境が悪いということが挙げられる。しかし、業界自体は停滞している中でも人気は根強く高倍率となっている。これらの業界を志望する場合は、他業界との併願をすることをお勧めしたい。さもなければ、多くの就活生は無内定で終わることになるからだ。

ブラック企業大賞も発表され、パワハラや過労死、労災認定など、労働時間に関する違法性に関心が集まる中、ブラック企業の特徴を見抜き、ブラック人生を歩まない為の主な特…

常に求人募集を掛けている会社は注意が必要です。これまで解説してきたとおり、ブラック企業であれば、おのずと離職率が高くなります。離職率が高いため、慢性的に人材不足となっていることが、ブラック企業の特徴です。そのため、ブラック企業では常に求人募集が行われています。特に、新卒採用では企業規模に見合わない大量の募集が実施される場合もあるようです。
事業拡大といった明確な理由なく、企業規模に見合わない人数を募集している場合は、離職率が高いと考えて良いでしょう。

コンサルティング関連のホワイト企業
23位(52位):ベイン・アンド・カンパニー・ジャパン,Inc.(戦略コンサル)
40位:ガートナー ジャパン株式会社(リサーチ)
46位:インクグロウ株式会社(経営コンサル)
50位(39位):ケンブリッジ・テクノロジー・パートナーズ株式会社(ITコンサル)
54位:アクセンチュア株式会社(総合コンサル)
72位:株式会社構造計画研究所(エンジニアリングコンサル)
85位(121位):株式会社ライズ・コンサルティング・グループ(総合コンサル)
86位:NGB株式会社(知財コンサル)
96位:株式会社ビッグツリーテクノロジー&コンサルティング(ITコンサル)
97位(93位):アバナード株式会社(ITコンサル)今年は昨年にも増して多くの会社がランクインした。経営の先行きが不安定になるとコンサルの仕事は増えるものだ。コンサルティング会社は全般的に給与が高い傾向にあり、クライアントに提案をすることが学生からすると「かっこいい」と映るため、例年人気で倍率は高い。しかし、経営コンサルなどを行う難関企業は多くの学生にとって新卒での入社は困難だ。旧帝大や早慶の学生が殺到する中で、ハイレベルな集団の中で頭一つでなければ内定できないからだ。就社を希望する場合は、コンサル会社で働く社会人とディスカッションを重ね、基礎力を高めることが必要だ。

最近よく耳にするようになった「ブラック企業」というワード。ブラック企業の残業時間はどのくらいなのでしょう。また、残業代を請求するための手順や、請求した際に受け取…

25位(28位):アステラス製薬株式会社(前立腺癌、泌尿器薬に強み)
28位(34位):第一三共株式会社(幅広い医薬品販売)
41位(101位):ファイザー株式会社(コロナワクチンでも有名)
44位(17位):中外製薬株式会社(抗がん剤に強み)
90位:日本ライフライン株式会社(心臓循環器の医療機器)製薬会社は平均年収が1000万円を優に超える会社が多いため、今年も多くランクインしている。医療機器としては、日本ライフラインのみがランクインした。コロナウイルスの影響が少なくなり、地の力が試された結果となった。製薬会社は大手企業だと非常に忙しいが、中堅どころのだと待遇がとても良い上に残業時間もそこまで長くない。準大手クラスの塩野義製薬や小野薬品工業は倍率が約50倍のため狙い目だ。

ブラック企業の特徴として、給与が低いことが挙げられます。一見、平均的に見える金額でも、実際の残業時間を考慮すると、低過ぎるという場合もあるでしょう。給与は労働の対価なので、本来ならば仕事の量や内容に見合っていなければなりません。給与額が元から低い場合に加え、昇給がない場合にも、注意する必要があります。
求人情報に記載されている月給は、基本給だけでなく、固定残業代(みなし残業代)や賞与、インセンティブなども加えたものであることもあるでしょう。この場合、実際に支給される金額は、求人情報記載の額を大幅に下回ることもあります。ブラック企業の場合、賞与や手当が簡単にカットされ、業績を認めないことも特徴です。給与の内訳をよく確認し、ブラック企業でないか見極めるようにしてください。

運輸業界のホワイト企業
4位(47位):エミレーツ航空会社(航空)
65位(56位):日本郵船株式会社(海運)
91位(90位):フェデラルエクスプレスジャパン合同会社(国際総合貨物輸送)国内と海外共に、物流需要は回復傾向である。100位以内には主に国際物流の企業が多かったが、国内の巣籠による配送ニーズは過去最高だ。また、旅客の需要も少しずる回復している。日本航空は12月10日、2023年度のCA採用について「再開を考えたい」と述べている。

長時間労働や残業代未払いといった、ブラック企業の特徴を感じた場合は、管轄の労働基準監督所に報告し、調査を依頼しましょう。労働基準監督署の立ち入り調査を通して職場を変える場合、社内の人事担当者や経営者も巻き込んで、改善方法を探ります。労働基準監督署に申告したことから、企業側からさらに不利益になるような報復行為が行われた際や、賃金不払いが発生したときは、「労働審判」の手続きに進むことも可能です。ブラック企業のあり得ない状況を改善させることは、社会にとって有益な影響をもたらす情報となります。徹底抗戦したことで、積み重なった苦労が報われることもあるでしょう。

ブラック企業の特徴として、外部と繋がりにくく、社内の人間関係が強固になっていることが挙げられます。長時間の残業や休日出勤、ハラスメントといった問題があっても、外部とのコネクションが乏しく、情報が閉ざされているため、改善されないようです。経営者や社内の権限者が身内主義である可能性が高いでしょう。社内の情報共有不足に加えて、外部との交流にも意欲が低い、いわば風通しの悪い企業では、問題が起こっても状況を改善する糸口が掴めず、何度も同じことが繰り返されているのです。

役に立ったらシェアしてください!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる