【VR】(吹替)ハナビリウム〜花火って、なんであるの?-中文版-

発売日2021-02-13
収録時間26分
シリーズハナビリウム〜花火って、なんであるの? 
ジャンルハイクオリティVR ドラマ 歴史 趣味・その他 アニメ 
出演者金琴 文曄星 李軼倫 
メーカー株式会社日本橋丸玉屋 
品番5720mar00003
価格¥900~

【吹き替え】2020年異例の大ヒットとなり、メディアで多く取り上げられたプラネタリウム映画のVR中文版! ■花火の真下!奇跡の実写映像! フルドーム用に特別に設計された360度全方位から5,000発が打ちあがる最先端の演出花火 <hanabi-rium360(R)>を、 まるで星空を見上げるように鑑賞することができます。 保安上の理由から、花火師以外は決して入ることができない「花火の真下」からの視点をとらえた、驚きの実写映像を特等席で! ■花火の「星」に込められた技と文化、歴史の物語 花火玉の中に並んでいる、火薬と金属などの薬品を混ぜた小さな丸い粒を、花火の世界では「星」と呼んでいます。 徳川家康の時代にまでさかのぼる日本の花火の歴史。 そこには「火薬」をめぐる、大きな転換点があったことを知っていますか? 400年以上にわたり、日本の花火師たちが命をかけてつないできた物語。 子どもから大人まで、花火を通して大切なことを学べる作品です。 あらすじ: 主人公・ヒバナは、将来花火になるための学校に通っている。 でも、実は落ちこぼれ。 今日も学校をさぼって森の中へ行くと、そこで、謎めいた「けむりのおじいさん」と出会います。 「ボク、自信がないんだ。友達みたいにきれいな花火になんかなれないよ。無理なんだ。」 そんなヒバナを見かねたけむりのおじいさんは、色とりどりの花火のしくみや魅力について、 ユーモアたっぷりに語りはじめます。 その世界に引き込まれるヒバナは、次第に、知られざる花火の歴史にも向き合ってゆくことに―。 ※この作品内のクレジットやテロップは日本語での表示となります。 ※この作品はバイノーラル録音されておりますが、視点移動により音声が連動するものではありません。 ※この商品は専用プレイヤーでの視聴に最適化されています。 ※VR専用作品は必ず下記リンクより動作環境・対応デバイスを確認いただきご購入ください。  「動作環境・対応デバイス」について ※ 配信方法によって収録内容が異なる場合があります。

FANZA

WEB SERVICE BY FANZA

- 目次 -
閉じる